搾りたて生アキロッソ

メンバー2人と1羽のうさぎが北海道から発信する共同運営ブログ

MENU

白老の社台牧場と社台コーポレーションファームで競走馬を見てきました。

皆さん、こんにちは!

ウサピリカです。

 

昨日の記事は、白老のインクラの滝を目指したものの、情けないことにヒグマ出没の恐怖に怯えながら見学したお話をさせていただきました。

 

今回は、インクラの滝から国道36号線へ戻る途中のお話です。

www.akirosso.com

 

日本軽種馬協会胆振輸出検疫所

林道を抜けると、車は土埃だらけで前が見えなくなっていました😓

 

慌ててウォッシャー液を出したけど、黒く汚れた水がフロントガラスを伝ってきて、より一層、汚い車に💦

 

何度も液を使って、やっと視界が確保できました。

で、周りの景色を見たら、「あら、素敵!」

 

なんですか、この風景は…。

f:id:akirosso:20210415185528j:plain

なんかいい感じ♬

 

建物の雰囲気からして、もしかしてこれは私の大好きなお馬さんがいる所かな?

f:id:akirosso:20210415185552j:plain

調べると、日本軽種馬協会胆振輸出検疫所でした。

ビンゴでしたヽ(^o^)丿

 

日本軽種馬協会胆振輸出検疫所】

 

そういえば、インクラの滝もこの辺りも白老町社台ですもんね。社台と言えば、サラブレッド生産の地。

競馬好きには、たまらない場所です。

 

この日本軽種馬協会胆振輸出検疫所は、海外での活躍が期待される輸出馬が検疫入りする場所のようです。海外のバイヤーが購入したサラブレッドに病原体や有害物質がないか確認するための施設です。

 

お馬さんいないかな…。と思ったけど日曜日なのか、人や馬の気配がありません。検疫所に迷惑を掛けちゃいけないのですぐに離れました。と言っても、ここは普通の道路ですけどね。

 

それで、退散した先がこちら。

 

ひょっとして、社台牧場かな?

すぐ隣の牧場にお馬さんがいましたよ~。

f:id:akirosso:20210415201232j:plain中央競馬で活躍するサラブレッドを多数送り出している、あの社台グループのルーツとなる牧場です。しかし、この社台牧場は社台グループではありません。親戚関係なるんだそうです。

f:id:akirosso:20210415201926j:plain

みんな、草をハミハ三していました(笑)

とても可愛いですね。

まだ、北海道は冬が終わったばかりで、そんなに草も生えていないのに…。

ちょっと、気の毒かも…。

f:id:akirosso:20210415201942j:plain

道路沿いの牧場なので、車からパチリ!

f:id:akirosso:20210415202007j:plain

草、美味しいですか?

どの馬も、まったくこちらを見ません。

慣れっこなのかな。

 

【社台牧場】

社台コーポレーション白老ファーム

こちらは、社台グループの中で一番古い牧場の社台コーポレーション白老ファーム国道36号線のすぐそばに牧場があります。

 

たまたま、周りに車がいなかったので、ゆっくり運転。

息子に撮ってもらいました。

f:id:akirosso:20210415204519j:plain

子馬の姿もチラホラ…。

可愛いですね。

 

このシーズンのサラブレッド牧場は、出産シーズンを迎えているためどこの牧場も見学はできませんが、ここは道路を通っただけで見えるのでとても幸せです。

ヽ(^o^)丿

f:id:akirosso:20210415204537j:plain

ホントに可愛いです。

 

私の実家がここから車で15分ほどの所にあるんです。この辺りの牧場の馬は、子供の頃によく見ていたのでとても懐かしいですね。馬を見るとなんだかホッとします。

 

日本軽種馬協会胆振輸出検疫所が知らない間に出来ていたのには、驚きましたけど。

 

以上、ウサピリカでした。

 

【社台コーポレーション白老ファーム

www.akirosso.com