搾りたて生アキロッソ

メンバー2人と1羽のうさぎが北海道から発信する共同運営ブログ

MENU

【ノーザンホースパーク】ポニーショーと馬見の丘

皆さん、こんにちは!

ウサピリカです。

 

前回と前々回の記事では、ノーザンホースパークの引退競走馬についてのお話をしました。最後になる今回は、パーク内の様子についてご紹介します。

(4月に訪ねたノーザンホースパークの様子です。)

 

前回、前々回はこちら。↓↓↓↓↓

www.akirosso.com

www.akirosso.com

 

駐車場

f:id:akirosso:20210509095905j:plain

駐車場に入ると、ジョッキーの人形がお出迎えです。

「さあ、駐車場はこっちだぜ!」と言われている気分(笑)

 ルメール騎手に、ちょっと似ているかも。

f:id:akirosso:20210510184320j:plainいたる所に、駐車場案内係のジョッキー人形が並んでいます。

 

ハッピーポニーショー

f:id:akirosso:20210510190950j:plain

野外会場では、小さくてかわいいポニーのショーが行われています。

とても芸達者でしたよ。

 

こちらは、コンサドーレ札幌に加入しているチッチ君。背番号は77番です。

f:id:akirosso:20210510191159j:plain

得意技はドリブルとシュートで、サッカーができる唯一のポニーとして2012年4月からノーザンホースパークで出演しています。

 

2015年にコンサドーレ札幌とクラブパートナーシップを締結した時に、77番の背番号を与えられています。いわゆる名誉選手ってやつですね。ポジションはFWです。

f:id:akirosso:20210510193258j:plain

ドリブルが始まりました!

f:id:akirosso:20210510193446j:plain

ボールを上手くコントロールして、あっという間にゴール前。

想像してたより、上手いじゃないの!

f:id:akirosso:20210510193701j:plain

ゴ――ル、決まったぁ~‼

決まった瞬間、走り回るところも人間みたいで可愛いです。

(すみません、全然ボールが写ってなくて…。)

 

まごつくこともなかったです。馬だけにうまかったですよ(笑)

(すみません、オヤジギャグで。)

 

他のポニーも得意な芸を披露してくれます。

f:id:akirosso:20210510195940j:plain

一生懸命頑張るポニーが、可愛いですね。

 

あと、写真はないのですが、このファームには、すーちゃんという茶色のポニーがいます。この子は2017年頃のアマゾンのCMに出演していたポニーちゃんなんです。

 

CMは、ポニーが大きな馬たちに威圧され、仲間外れにされてしまうシーンから始まります。高い障害を越えられず悲しいそうにしているのを見た女性が、フラフープのような輪をアマゾンで購入。その後、ポニーが見事に輪をくぐってハッピーエンド!といったような内容でした。頻繁にTVCMが流れていたので、覚えている方も多いのではないでしょうか。

 

このCMのすーちゃんが可愛くて大好きでした。

いつか出演しているすーちゃんを見てみたいものです。

 

ガーデン~馬見の丘

f:id:akirosso:20210510213427j:plain

レストランの横を抜けて小川を渡ります。

f:id:akirosso:20210510211923j:plain

ガーデンの向こう側に見えるのがレストランです。あの建物の横から歩いてきました。

f:id:akirosso:20210510213338j:plain

 

ガーデン内の小径をどんどん進みます。

f:id:akirosso:20210510214103j:plain

 

5分以上歩いたでしょうか。やっと展望台が見えてきました。山のように見えているのが展望台で、ノーザンホースパーク敷地のはずれにあります。

f:id:akirosso:20210510214203j:plain

この向こうに牧場が広がっているはずです。

 

馬見の丘・展望台からの眺め

f:id:akirosso:20210510214542j:plain

たくさんの馬たちが放牧されています。

f:id:akirosso:20210510214728j:plain

お食事の時間だったのでしょうか。

一斉に馬たちが左から右に集まってきました。

なんだか、ムーディー勝山みたいな説明になってしまいましたね(笑)

f:id:akirosso:20210510215440j:plain

遠くにいた馬たちも一斉に走ってやって来ました。

仔馬も大人の馬も関係ありません。我先にと急いでおります。

そんなにおいしい食べ物があるのか?

そんなことを考えながら、しばらく見つめていました。

このような光景は、いつまでも眺めていられますね。時間があるときには、日が暮れるまでボーっとしながら、この展望台に居たいです。

 

老後の楽しみにしたいと思います(笑)

 

場所

www.akirosso.com

www.akirosso.com