搾りたて生アキロッソ

メンバー2人と1羽のうさぎが北海道から発信する共同運営ブログ

MENU

【面白い競走馬名】地方競馬~船橋競馬場編

f:id:akirosso:20210604201253j:plain

皆さん、こんにちは!ウサピリカです。

 
面白い名前の競走馬名シリーズ、今回は船橋競馬場編です。
船橋競馬場には、令和3年6月4日現在、920頭の競走馬の登録があります。その中から今回、16頭の名前をご紹介したいと思います。

さて、それでは船橋競馬場の競走馬名を見ていきましょう。

 

浦和競馬場はこちら↓↓↓↓↓

www.akirosso.com

イトカワ

【父】パイロ
【母】ゴーゴーサンデー
【生年月日】2018年3月15日
【性別・毛色】牡・黒鹿毛
【馬主】犬塚 悠治郎
 
それとも単なる糸川さんなのか。はやぶさの名前の馬がいたら面白いと思ったらJRA登録馬に案の定いましたね。

オルガンパイプ

【母】キャッツプライド
【生年月日】2015年3月6日
【性別・毛色】牝・栗毛
【馬主】手嶋 康雄
 
パイプオルガンではなくて、オルガンパイプ。パイプなんですね。ヤンキーがパイプを肩に載せて見下ろしているシーンを想像してしまいました。

カクリョウ

【母】オレンジジャスミン
【生年月日】2015年4月9日
【性別・毛色】牡・黒鹿毛
【馬主】酒井 孝敏
 
名前の由来は「閣僚」だそうです。
内閣を構成する大臣です。馬大臣ですね。
ドッカリと椅子に腰かけて、脚を組んでる偉そうな馬を想像してしまいます(笑)

カッター

【母】カツジャックポット
【生年月日】2018年5月12日
【性別・毛色】牡・青鹿毛
【馬主】竹内 利子
 
カッターナイフしか思い浮かびません。

切れのある走りが自慢なのでしょうか。

 

カネノイロ

【父】パイロ
【母】エルサフィール
【生年月日】2013年3月31日
【性別・毛色】牡・鹿毛
【馬主】江川 伸夫
 
調べてみると名前の由来は、鐘の音色らしいです。ホントにそうなのかな?
はっきり、お金の色の意味だと言ってしまえばいいのに…。お馬さんに稼いでほしくて「カネノイロ」とつけたのではと思ってしまいます。

コウシ

【母】エイシンドナウ
【生年月日】2017年3月16日
【性別・毛色】セン・鹿毛
【馬主】本間 進
 
子牛・仔牛。馬なのにコウシです(笑)
もう今さら驚きませんが…。

f:id:akirosso:20210604201316j:plain

ココロザシ

【母】リーベストラウム
【生年月日】2015年4月29日
【性別・毛色】セン・鹿毛
【馬主】(株)ITF
 
志高く目標をもって頑張るならいいですが、まさか香典返しの表書き「志(ここざし)」じゃないですよね。

コンジキノボス

【母】ツインダイヤ
【生年月日】2015年4月12日
【性別・毛色】牡・栗毛
【馬主】田村 義徳
 
金色のボス、何やらカッコいい名前です。ちなみに父親はアメリカンボス。金色=猿の毛色を想像してしまうので、猿山のボスがどうしても頭に浮かんでしまいます。

タオルデスカーフ

【母】ハートノイヤリング
【生年月日】2015年5月12日
【性別・毛色】牝・鹿毛
【馬主】山際 辰夫
 
タオルをスカーフ代わりにしていたんでしょうか。母馬の名前がハートノイヤリングなので、親子ワンセットだとちょっとオシャレな感じになりそうです。

トリアージ

【母】レッドジュピター
【生年月日】2019年3月18日
【性別・毛色】牡・鹿毛
【馬主】石川 達絵
 

トリアージするのかされるのか分かりませんが、イメージかよろしくないですね~。


ネコシリーズ 

【母】ファッションモデル
【生年月日】2016年5月4日
【性別・毛色】牡・鹿毛
【馬主】森田 一俊
 
想像を超えるネーミングです(笑) 
ネコじゃなくてネコシリーズって、もう訳が分かりません。でも笑えます。

ピアノマン 

【母】エムワイスカレット
【生年月日】2017年2月14日
【性別・毛色】牡・青鹿毛
【馬主】(有)新生ファーム
 
ピアノマン、かっこいいですね。
馬だけど、マンです。人間です(笑)

マイメロディ

【母】ダイナマイトボディ
【生年月日】2017年2月17日
【性別・毛色】牝・青鹿毛
【馬主】須原 秀晴
 
名前の由来は、「私の音楽」という意味だそうですが、ホントにそうでしょうか…。この名前を見た時、サンリオのキャラクター・マイメロディを想像する人が多いと思うんですけど。でも、「私の音楽」が由来だというので、そうしておきましょう(笑)

f:id:akirosso:20210604201449j:plain

マシンガン 

【母】ポリアフ
【生年月日】2018年2月26日
【性別・毛色】牡・鹿毛
【馬主】石川 達絵
 
 強そうですが、名前としてはどうでしょう。
 

モッケノサイワイ 

【父】マクフィ
【母】エランドール
【生年月日】2018年4月24日
【性別・毛色】牝・鹿毛
【馬主】小島 俊治
 
思いがけない幸運の意味です。レースで勝利して勿怪(もっけ)の幸いだと言いたいのでしょうが、努力して勝利しても思いがけない幸運と言われてしまうのは、馬としては悲しいですね。

ワガママボディ

【母】ラッシュウインド
【生年月日】2016年5月28日
【性別・毛色】牝・黒鹿毛
【馬主】石井 智
 
女性に対しては、メリハリのある理想的な体系のことを指して言いますが、男性に対して使う場合は、単なるデブの意味になってしまいます(笑)
牝馬なので、良い馬体という意味で使われているのだと思います。

 

最後に 

コウシとココロザシを見て、お気づきの方もいるかと思いますが性別が「セン」となっています。性別で「セン」とは「騙馬(せんば)」の意味になり、去勢された牡馬のことを言います。暴れ馬だった場合、去勢することで、おとなしくなり怪我の危険性が減るそうです。

 

そして、デメリットもあります。

当たり前の事ですが、去勢してしまうと、どんなに良い成績を残しても種馬にはなれません。また、クラシック競走を含む2~3歳限定と言われるレースには出走できません。クラッシック競争とは、皐月賞桜花賞優駿牝馬オークス)、東京優駿(ダービー)、菊花賞の5レースです。

 

今回、印象に残った名前は、ネコシリーズとワガママボディですね。特にネコシリーズは、もう訳がわからなくて笑ってしまいました。

 

以上、ウサピリカでした。

 

日本中央競馬会JRA)、他の地方競馬場の面白い名前、変わった名前の競走馬名はこちら。↓↓↓↓↓

www.akirosso.com