搾りたて生アキロッソ

メンバー2人と1羽のうさぎが北海道から発信する共同運営ブログ

MENU

【面白い競走馬名】地方競馬~大井競馬場編①

f:id:akirosso:20210606182704j:plain

皆さん、こんにちは!

ウサピリカです。

 

面白い名前の競走馬名シリーズ、今回は大井競馬場編①です。
 
大井競馬場には、令和3年6月6日現在、1,593頭の競走馬が登録されています。全国の地方競馬で一番登録馬が多い競馬場だけあって、面白い名前が多かったです。今回は、大井競馬場編①として16頭の名前をご紹介したいと思います。

さて、それでは大井競馬場の競走馬名を見ていきましょう。

www.akirosso.com

アサシン

【父】ハーツクライ

【母】アンシャンタン

【生年月日】2017年4月7日

【性別・毛色】牡・栗毛

【馬主】中村 忠彦

 

名前の由来は、刺客だそうです。英語で暗殺者や刺客を意味する言葉ですね。

2020年8月にJRAの登録抹消後、大井競馬場にやって来ました。

JRAの次は、大井競馬場に刺客としてやって来たんですね。頑張ってほしいです。

 

イチゴショート

【父】エイシンヒカリ

【母】トゥルビネ

【生年月日】2018年3月29日

【性別・毛色】牝・芦毛

【馬主】大塚 謹吾

 

これはケーキですね。可愛い!

牝馬に似合う可愛い名前だと思います。

 

イチマンボルト

【父】フリオーソ

【母】スティッチ

【生年月日】2018年5月9日

【性別・毛色】牡 鹿毛

【馬主】村山 忠弘

 

昔、堀内孝雄の「君の瞳は10,000ボルト」という曲がありましたが、家電量販店の「100万ボルト」が出てきてから、10,000ボルトのインパクトが霞んでしまいがちです。でも、10,000ボルトの電気ショックは相当なのもですよ。勝利をものにして競馬を見ている人たちに電気ショック並みの衝撃を与えて欲しいですね。

 

ウマダユウサク

【父】メイショウボーラー

【母】タイキエリーゼ

【生年月日】2016年4月9日

【性別・毛色】牡・栗毛

【馬主】伊藤 温

 

松田優作みたいで、面白いと思いました。

ハードボイルドな雰囲気の馬なんでしょうか。

 

ウラワザテクニック 

【父】Liam’s  Map

【母】トゥトシールールズ

【生年月日】2017年3月3日

【性別・毛色】セン・芦毛

【馬主】村上 卓史

 

名前の由来は、裏技テクニックだそうです。なんだかいやらしい名前ですね(笑)

この名前を聞いた私の知人のほとんどの人が、ニヤリと笑うのはなぜなのか…。きっと良からぬことを想像しているのではないでしょうか(笑)

馬なので、騎手の裏技テクニックで勝利するイメージでしょうか。

ちなみにこの馬は騙馬(せんば)といって去勢済みの馬なので、どんなに良い成績を残しても種馬になれない馬です。

種馬としての裏技テクニックは使えなくて残念!

2020年9月にJRAの登録が抹消されています。

f:id:akirosso:20210606182152j:plain

 

ウリボー

【父】Midshipman

【母】 Honorable Peace

【生年月日】2012年2月2日

【性別・毛色】牡・栗毛

【馬主】冨士井 直哉

 

名前の由来は、イノシシの子供のウリボーです。生まれた時、ウリボーのように可愛いかったのでしょうか。

この馬も2018年11月にJRAの登録を抹消となっています。

ウロコ

【父】ガルボ

【母】トゥファーアウェイ

【生年月日】2017年5月9日

【性別・毛色】牝・黒鹿毛

【馬主】石川 秀守

 

名前の由来は鱗だそうです。なんで鱗なのか?
意味を考えたのですが分かりませんでした(笑)

2020年9月にJRA登録抹消です。

 

エエカゲンニセイジ

【父】パイロ

【母】ニューヘヴン

【生年月日】2013年5月17日

【性別・毛色】セン・栗毛

【馬主】松田 整二

 

 名前の由来は、「いい加減にしろ」の関西弁+馬主名で馬主自身への戒めだそうです。

馬主の松田整二さんの名前「せいじ」を使った競走馬名ですが、完全にオヤジギャグ!自分への戒めを名前にしちゃったんですね。もはや名前ではない戒めの言葉をつけられた馬に同情してしまいます(笑)

 

エリタダス

【父】エスケンデレヤ

【母】モエレピンクレディ

【生年月日】2017年3月31日

【性別・毛色】牡・栗毛

【馬主】和田 博美

 

「襟を正す」の意味でつけたのでしょうか。

であれば、正す前の乱れた態度や服装があったはずです。ダメダメの状態は馬主なのか馬なのか…。襟を正してレース頑張ってください。

 

オオイリ

【父】ルーラーシップ

【母】パッショナルダンス

【生年月日】2015年5月15日

【性別・毛色】牡・鹿毛

【馬主】佐藤 傳二

 

名前の由来は、大入りです。

競馬場が大入りになりますようにということでしょうか。こちらの馬も2018年12月にJRAを登録抹消になっています。

 

イカセンゲン

【父】ネオユニヴァース

【母】カイカヨソウ

【生年月日】2018年2月9日

【性別・毛色】牝・鹿毛

【馬主】(有)キャロットファーム

 

これは、いい名前だと思います。

 

母馬がカイカヨソウ、そのまたお母さんがマチカネヤマザクラで桜つながりです。山桜の開花をマチカネているおばあちゃん⇀開花予想(カイカヨソウ)の母⇀開花宣言(カイカセンゲン)と進化しています。満開の桜を咲かせることが出来るといいですね。

 

ちなみに、JRAで2012年10月に登録抹消されているカイカセンゲンとは別の馬です。基本的に馬名登録簿に載っている名前と同じ名前は、ルールで名づけることはできません。しかし、登録が抹消になったり死亡してから一定の年数が経つと、使用できる場合があるのです。おそらくこれはそのケースだと思います。

f:id:akirosso:20210606182241j:plain

ガマン

【父】キズナ

【母】インカンデセンス

【生年月日】2017年3月8日

【性別・毛色】牡・黒鹿毛

【馬主】杉浦 和也

 

名前の由来は、辛抱強いという意味でつけられえました。勝利を手にするためには、厳しい練習にも耐えて頑張ってほしいということでしょうか。

 

お馬さん、かわいそう…。

 

どの馬も厳しい訓練をしていると思うんですが、せめて夢のある名前にしてあげて欲しいかな…。 

ギシギシ

【父】アルデバラン

【母】ラーニー

【生年月日】2018年5月15日

【性別・毛色】牡・鹿毛

【馬主】(有)フォレブルー

 

これは、いったいどういう意味でしょうか。

私の知っているギシギシはコレです。↓↓↓↓↓

f:id:akirosso:20210606150010j:plain

雑草のギシギシです。葉っぱをちぎると粘り気が出てきます。もしかして、お馬さんの好物なんでしょうか。 

 クツシタヌゲタ

【父】サウスヴィグラス

【母】オボロヅキ

【生年月日】2016年2月24日

【性別・毛色】牡・栗毛

【馬主】江馬 由将

 

これには、爆笑しました。

靴下脱げたって、いったい誰のって感じですよね(笑)

馬は靴下は履かないですし、馬主さんの靴下ですか? クツシタならまだ分かりますが、ヌゲタまで入れたのはどうして?と思ってしまいました。馬主さんのこだわりでしょうか。

 

コブラ 

【父】ダノンレジェンド

【母】インマイラヴ

【生年月日】2019年5月6日

【性別・毛色】牡・黒鹿毛

【馬主】(株)アウレア

 

なんだか強そうでかっこいいイメージですね。

コブラっていうお高いスポーツカーがありましたが、スポーツカーのように速くカッコよく走ってくれという意味でしょうか。

 

コロッケ

【父】トーセンホマレボシ

【母】ワシリーサ

【生年月日】2019年3月7日

【性別・毛色】牡・栗毛

【馬主】横田 秀明

 

コブラの後に見ると、かなり見劣りする名前です(笑)

でも、なんだかイモ臭くて逆にかわいいかなと思ってしまいます。実況でアナウンサーがコロッケと言っている様子を想像すると、ちょっとクスっと笑ってしまいそうになります。

頑張れコロッケ! 

最後に

さすが、登録馬が多い大井競馬場です。ウラワザテクニックとクツシタヌゲタには笑わせてもらいました。また、カイカセンゲンが3代に渡って見てみると綺麗でいい名前だと思いましたね。

 

今回は、大井競馬場①として16頭の競走馬名をご紹介しました。次回の大井競馬場②でも同じくらいの頭数をお伝えできると思います。お楽しみに!

 

以上、ウサピリカでした。

 

日本中央競馬会JRA)、他の地方競馬場の面白い名前、変わった名前の競走馬名はこちら↓↓↓↓↓

www.akirosso.com