搾りたて生アキロッソ

メンバー2人と1羽のうさぎが北海道から発信する共同運営ブログ

MENU

夜に飛ぶトンボ

f:id:akirosso:20200909191618j:plain

トンボ

皆さん、こんにちは。ウサピリカです。

 

昨日の夜のことです。かなり激しい羽ばたきが、居間の掃き出し窓の辺りから聞こえてきました。何度もくり返されるので、息子が確認したところ、なんと、こんな夜にトンボが網戸に止まっていました。

 

「こんな夜に、トンボなんて珍しいね。普通は日中飛ぶよね? 夜にトンボが飛ぶ? おかしいよね~?」

 

そんなことを言っていると、息子が夜に飛ぶトンボのことを調べてくれました。

 

トンボは昼行性で、夜になると草や葉の裏にぶら下がるようにして止まり、羽を休めているそうです。

 

夜に飛ぶトンボもいるそうですが、それはのっぴきならない理由があり、夜に飛ぶ羽目になるようです。

 

その理由とは、嵐などの自然現象や人間などに安眠を妨害された時と、何かしら事情があった時らしい。何かしらの事情…ってなんだろう…(笑)トンボも大変なのね😓

 

そして、明るい方へやってくるようです。家の灯りだけでなく街灯の灯りにもやって来ます。

f:id:akirosso:20200909195759j:plain

「どんな理由が、あるにせよ事情があってここに来たのね! わかった、好きなだけここでお過ごしなさいッ!」

 

そんな気持ちで、やさしくトンボを見守ってあげることにしました。

f:id:akirosso:20200909200111j:plain

「好きなだけ、いてもよろしくってよ。」

 

わが家の網戸が気に入ったのか、夜中まで羽ばたきが聞こえていました。

 

翌朝、昨日のトンボは、さすがにもういないだろうと思いながらも、息子が確認しに行ったところ、羽の一部がちぎれて網戸に残っていました。

 

トンボは、もういません。どこかに飛んで行ったようです。

 

ああ、なんということなのでしょう。昨日のトンボが激しく羽ばたきしていたのは、羽が網戸の網目に絡まったからだったとは‥‥。

 

ごめんね、トンボ。気づいてあげられなくって‥‥。必死にもがいていたんだね。

 

欠けた羽だと、バランスもとれなくてうまく飛べないんじゃないのかな…。

 

下手すると羽の根元からちぎれてしまうかもしれないのに、死に物狂いの脱出だったんだろうな…。

 

そんなふうに考えると昨日のトンボは、かわいそうだったなと思ってしまいました。

 

なのに、息子は「脱出って言ってもわからないよ。案外、ウチの庭のどこかでくたばっているかもしれないよ(笑)」とか、血も涙もないことをほざいておりました。

 

以上、ウサピリカでした。