搾りたて生アキロッソ

メンバー2人と1羽のうさぎが北海道から発信する共同運営ブログ

MENU

【面白い競走馬名】地方競馬~金沢競馬場編

f:id:akirosso:20210629190909j:plain

皆さん、こんにちは!

ウサピリカです。

 

面白い名前の競走馬シリーズ、今回は金沢競馬場です。

 

金沢競馬場には、令和3年6月28日現在、582頭の競走馬が登録されています。さて、どんな名前があるのでしょうか。見ていきましょう!

 

(令和3年6月28日現在、金沢競馬場に登録されている競走馬で記事を作成しています。記事を読む時期によっては、抹消されている可能性がありますことをご理解ください。)

 

日本中央競馬会JRA)と他の地方競馬場の面白い名前はこちらでご紹介しています。↓↓↓↓↓↓↓

www.akirosso.com

 

オフコース

【父】エイシンアポロン

【母】セイカドミノ

【生年月日】2014年5月8日

【性別・毛色】牡・栗毛

【馬主】関 昭一

日本中央競馬会JRA)を 2017年7月に抹消となっています。名前の由来は、「もちろん」だそうです。

 

最初見た時に、小田和正さんがいたオフコースだと思いました。

 

クイニーアマン

【父】 マヤノトップガン

【母】 リミウッド

【生年月日】2010年5月6日

【性別・毛色】牝・栗毛

【馬主】河崎 五市

 

名前の由来は、フランスのお菓子だそうです。日本ではパン屋さんでよく売っていますね。外側がカリカリの堅めの食感で中は、バター風味の甘いお菓子です。 

 

響きが可愛い感じがして、牝馬の名前としてはアリなのかなと思います。日本中央競馬会JRA)に登録されていましたが、2013年9月に登録抹消となっています。

クマノコドウ 

【父】ダノンシャーク

【母】モーガンルフェイ

【生年月日】2018年4月9日

【性別・毛色】牡・鹿毛

【馬主】竹本 いずみ

 

名前の由来は、「熊野古道。花の窟、熊野三山参詣道」だそうです。

 世界遺産熊野古道ですね。シブい名前です。

 

日本書紀によると伊勢と熊野を結ぶ「伊勢路」にある「花の窟」は、日本最古の神社で伊弉冉尊(イザナギノミコト)の葬地とされています。スケールの大きい名前で良いと思いますよ。日本中央競馬会JRA)から2021年3月に登録抹消になっています。

 

シュガーレス

【父】ロージズインメイ

【母】エリモフローラ

【生年月日】2018年3月28日

【性別・毛色】セン・栗毛

【馬主】(株)レックス

 

名前の由来は、そのものズバリ「無糖」です。

 

シュガーレスと言えば、ちょっとオシャレに聞こえる響きですけど、人生(馬生)はそんなに甘くないということでしょうか。

日本中央競馬会JRA)を2021年4月に登録抹消になっています。

f:id:akirosso:20210629191300j:plain

.

タダモノデハナイ

【父】カレンブラックヒル

【母】 モアスマイル

【生年月日】2018年4月14日

【性別・毛色】牡・鹿毛

【馬主】ニットー商事(株)

 

仔馬の時から、ただものではない風格が漂っていたのでしょうか。馬主さんに期待されているようでなによりです。ただものではない姿を競馬ファンに見せて欲しいですね。

ダンゼンユウリ

【父】 モンテロッソ

【母】ゴールドアシュレイ

【生年月日】2017年4月11日

【性別・毛色】牝・黒鹿毛

【馬主】大山 良彦

 

レースの際は、ダンゼンユウリの馬券を買っておけば、断然有利になること間違いなしということなのか。

チャーハン 

【父】アグネスデジタル

【母】サンマルミッシェル

【生年月日】2016年3月4日

【性別・毛色】牡・鹿毛

【馬主】程田 真司

 

美味しそうな名前です。でもなぜこんな名前にしたのでしょうか。単なる馬主さんの好物かも知れませんね。

チョコチャン 

【父】ダノンレジェンド

【母】ニットウサンサン

【生年月日】 2019年4月1日

【性別・毛色】牝・鹿毛

【馬主】津田 浩一

 

とても可愛い名前だと思うのですが、あまり強そうな感じはしませんね。可愛い系名前の宿命なんですかね。

f:id:akirosso:20210629191623j:plain

ロダンゴ 

【父】 ザール

【母】アイノブリーズ

【生年月日】2010年3月25日

【性別・毛色】牡・鹿毛

【馬主】高橋 麻樹

 

はじめは汚い泥の塊でも、時間をかけて磨くとピカピカの団子になるということに例えているのでしょうか。ドロダンゴもピカピカに輝く競走馬になれるよう関係者の皆さんは磨きをかけているんですね。

フルゴリラ 

【父】エスポワールシチー

【母】 ミスライト

【生年月日】2017年3月17日

【性別・毛色】牡・栗毛

【馬主】津田 浩一

 

なんだかとても強そう名前です。

名前の由来は、「全力で行う」という意味のフルゴリラからきています。

 

そもそもフルゴリラってなに?という方もいるかと思います。

フルゴリラとは、2年前に大リーグの大谷選手について質問された監督が「フルゴリラで、‥‥。」という使い方をしたことから、日本で注目されるようになりました。調整具合によって言い方が変わり、100%の全力で投げることを「フルゴリラ」というそうです。SNSでは、このフルゴリラに皆さん反応しておりました(笑)

 

「今日のジョギングはフルゴリラでいくぞ。」とか「皆さん!今日の仕事はフルゴリラで!」「フルゴリラで仕返しをする。」など使い勝手が良さそうです(笑)

 

この馬も日本中央競馬会JRA)に登録されていましたが2021年5月に登録抹消になっています。

ベルゼブブ 

【父】アグネスデジタル

【母】ビューティーレディ

【生年月日】2013年5月22日

【性別・毛色】牡・栗毛

【馬主】寺岡 一彦

 

名前の由来が、「聖書に登場する魔王の名より」となっていました。ハエの王で魔界の君主といわれ、地獄ではサターンに次ぐ罪深い魔王と言われています。

そんな名前でいいのでしょうか。強そうな名前ではあるけれど罪深い魔王は少し可哀そうな感じもします。

日本中央競馬会JRA)から  2016年6月に登録抹消となっています。

 

マーガリン 

【父】サウンドボルケーノ

【母】ステージワンスモア

【生年月日】2018年3月25日

【性別・毛色】牝・栗毛

【馬主】栗嶋 豊明

 

マーガリンて、どういうことでしょうか…。音の響きだけだととかわいい感じもしないわけではないですが、どうせならワンランク上のバターにしようとか思わなかったのだろうか(笑)。バターの劣化版みたいで悲しくなってきます。

ラララライ 

【父】ロードアルティマ

【母】サマークイーン

【生年月日】2015年5月4日

【性別・毛色】牝・青鹿毛

【馬主】木村 良明

 

「ラララライ♬ラララライ♬」と歌いながらラララライ体操をする芸人の藤崎マーケットを思い出しましたね。

名前の由来は多分これでしょう(笑)私の勝手な想像ですが…。

 

この名前は、アナウンサーは言いづらいと思います。

 

最後に

今回、印象に残ったのはドロダンゴとフルゴリラですね。

 

ロダンゴと聞くとなぜか私は「おすぎとピーコ」さんを思い出します。以前テレビで、おすぎとピーコさんが有吉弘行さんから「ドロ人形」というニックネームをつけられていました。それからは「泥」と聞くといつも「おすぎとピーコ」さんを思い出します。

 

フルゴリラは、なんだかパワーがあり、強そうな印象でいいんじゃないですか~。

私、わりと好きかもしれないです(笑)

 

ということで、今回は金沢競馬場の面白い競走馬をご紹介いたしました。

 

以上、ウサピリカでした。

www.akirosso.com